糖質カットダイエットの成功体験談|肥満予防

糖質制限ダイエット
【糖質制限ダイエット体験談もくじ】
  その1【53歳女性:約半年間で7キロ減に成功】
  その2【23歳女性:ご飯の代わりにカリフラワーライスで8kg減】

【53歳女性 158cm:約半年間で7キロ減に成功】

158cm:60kg→53kg

現在53歳の主婦です。

50代になって更年期に突入してからというもの、とにかくどんどんお腹周りやお尻など下半身を中心に脂肪がつき始めました。

更年期の特徴として太りやすくなるというのは知っていましたがここまでとは思っていませんでした。

このままでは生活習慣病が誘発されてしまうと思い巷でブレイクしている糖質カットダイエットを取り入れてみることにしました。

方法としては糖質を全てではないですがごはん、パン、パスタ、うどんなどの主食は徹底的にカットしてほとんど食べませんでした。

その代わりに脂質も適度にとって良いのでお魚全般やステーキやとんかつ、鳥の唐揚げなどの揚げ物を少しと、あとは野菜サラダや、おひたし、冷奴などをたっぷりと摂取するようにしました。

毎日これを続けて約半年間で7キロ減に成功しました。

トータルで7キロ減の内訳は、糖質カットのダイエットを始めて最初の1ヶ月間で4キロドンと落ちました。

面白いように体重が毎日減っていくのでモチベーションアップにもつながりました。

2ヶ月目以降は、さすがに停滞期に入ってしまいましたが、それでも毎月500グラム前後は落ちていくという感じで最終的には全身がスッキリ細くなり理想的な体重とボディラインを手に入れることができ大成功となりました。

現在は糖質カットダイエットは、一旦おやすみしています。毎日本当にお茶碗に三分の一程度の玄米を1日のうち昼だけ食べています。

あとは野菜をたっぷりと肉や魚料理などおかずを中心の食事は続けています。これで体重はきっちりと維持することができています。

これから糖質カットダイエットを始めようとしている人にアドバイスとしては、ごはんやパスタなどの主食を完全に断ち切るのは本当に辛いと思います。

ですが本当に辛いのは最初の1週間ぐらいで、あとはすぐに慣れてきてスムーズに糖質制限ダイエットを進めることができます。

どんどん痩せられるので、ダイエットが苦しくなくなるので是非頑張って見て欲しいです。

【23歳女性:ご飯の代わりにカリフラワーライスで8kg減】

私が糖質制限ダイエットを始めたのは昨年の春のことでした。

夏までにぽっちゃり体型をスリムにして水着を堂々と着たいというのを目標にして短期間でダイエット効果がでると評判の糖質制限ダイエットを始めることにしました。

毎日のメニューの例は、朝はヨーグルトにバナナやりんごを入れたものを食べます。

バナナは糖質が高いですが、朝はこのぐらいの糖質をエネルギーとして食べないと力が出ないので特に気にしませんでした。

そして昼は外食や社員食堂は利用せず、すべて手作りのお弁当を持参しました。白米は抜きにしておかずだけのお弁当です。

糖質制限ダイエットには良いブロッコリーの肉巻きとかブロッコリー入りの卵の厚焼き、ブロッコリーのマヨネーズあえなどブロッコリーを多用しました。

それと豆腐も結構よく使いました。豆腐を薄切り肉で巻いて焼いて甘辛く味付けしたりするのがおすすめです。

さらにカレーなども食べたくなるので、そういう時にはご飯の代わりに、カリフラワーライスで代用します。

カリフラワーライスは、カリフラワーを少しミキサーにかけてご飯粒ぐらいの大きさに細かくして、それをご飯に見立てるのです。

これにカレーをかけて食べると本物の白米を食べているような食感なので糖質制限でご飯を食べられない時は本当に重宝しました。カツ丼や、親子丼の下にカリフラワーライスでも大丈夫でした。

糖質制限ダイエットは4ヶ月間続けて目標の48キロになりました。1ヶ月あたり3キロずつ痩せたことになります。

これはかなりハイペースだったと思いますが、今はゆるゆる糖質制限に変えていますがリバウンドは全くしていません。

糖質制限はいったん体を痩せやすい体質に変えてくれるので、糖質制限をやめてもリバウンドしにくいみたいです。

もちろん人によっては糖質制限のあと激しくリバウンドしてしまう人もいるようです。

そういう人は、今までご飯とかパンなどの炭水化物を抑えていたことで反動が思いっきりきてしまってガツガツ大量に糖質を食べてしまうのがリバウンドの原因みたいです。

ですから糖質制限は目標を達成したあと、どのようにコントロールするかが体型を維持するためのコツだと思います。

【57歳 女性】食事の改善と運動習慣で数値を改善

57歳の女性です。身長165㎝、体重は現在は50㎏です。

3年前に、人間ドックを受けた際、HbA1cが、5.4ということで医師より血糖値コントロールに注意をするように指摘されました。

そのときの前回値が、5.2で、そのときの人間ドックのコメントにも、注意をするように、という記載はありましたけど、そこからさらに上昇しているということで、医師からの直接のご指導がありました。

この数値自体が大変高い、というわけではなく、また、このときの血糖値は、95でしたので、かろうじて正常範囲だったのですが、数値の上昇および遺伝的素因も加味して、ご指導があったようです。

私の家系は母方の祖母が糖尿病、しかも、その後脳梗塞を起こして他界していること、父方の家系にも糖尿病や脳梗塞を患っている人がいることから、遺伝的素因がもともとあります。

私は小さい頃、祖母と暮らしていたこともあって、祖母の作る料理がいつも甘くない料理だったものですから、糖尿病に対しては少し恐ろしいというイメージがありました。

そのため、医師のこの指摘はとてもショックでした。

 そこから、食事内容を改め、運動習慣を持つようにしました。

スポーツジムには、通ってはいたのですが本腰を入れて真面目に通うようにし運動の種類も少し負荷をかけるものへと変えました。

また、食事も甘いものが大好きで、ごはんも大好きということを変えるのはストレスがたまりすぎて無理、と考えましたので置き換えができるものだけそのようにトライしました。

たとえば、それまでコーヒー牛乳が大好きだったのを低脂肪の牛乳に変え、しかもコーヒー粒を溶かしてダイエット甘味料を入れて作ったものに置き換える、といった方法で糖質を少しカットすることにトライしました。

調味料についてもケチャップが大好きでしたが糖質50%オフの物に変えたり脂質を制限するためにマヨネーズやマーガリン類も脂質カットのものに変えたりしました。

体重は現在50㎏ですが当時の体重よりも3㎏減少しています。ただ、体重自体はもともと正常範囲ですし多くはないのでこれを減らすよりも血糖値とコレステロール値に注目をしていました。
実際、昨年12月に受けたときのHbA1cは検査方法が変わったということと基準値が変わったということらしいですが今の検査方法では5.4で正常範囲内ということになっています。

血糖値については84で少し低くなっています。一応の改善が見られたということで良しと考えています。
前田の菊芋の評判を見る

菊芋に含まれるイヌリンで血糖値が下がる|菊芋サプリのすごい効能